若者がキャバクラに行きたくないと考える3つの理由【時代の変化】

最近では、若者がキャバクラに行かなくなったという話をよく聞きますよね。

一昔前であれば、上司に連れられて一緒にキャバクラに行く、というのが普通にあったのですが、現在ではなかなか聞かなくなりました。
また、自発的にキャバクラに行こうという若者も年々減ってきています。

そこで本記事では、若者がキャバクラに行きたくないと考える理由を3つご紹介し、キャバクラに苦手意識を持っている場合の対処法についても解説していきたいと思います。

目次

若者がキャバクラに行きたくないと考える理由


若者がキャバクラに行きたくないと考えるのには、以下の3つの理由があることが多いです。

  1. お金がない
  2. ネットや配信の女性に興味が移っている
  3. キャバ嬢に気を使いたくない

それでは、以下でこれらの3つの理由について詳しく掘り下げていきましょう。

①お金がない

まず1点目に、お金がないという理由が挙げられます。

キャバクラは指名料やドリンクなど、何かとお金がかかるイメージを誰しもが持っていると思います。こういったイメージが、お金のない若者たちをキャバクラから遠ざけてしまっているのです。

現在では、お金のない方でも通いやすいリーズナブルなキャバクラのたくさん出てきていますので、そうした店舗に足を運んでみるのもいいかもしれませんね。
あわせて読みたい
キャバクラには18歳から入れる!18歳未満が入店したらどうなる? 「キャバクラって大人の店っていうイメージがあるけど、実際何歳から入店可能なんだろう...」 このようにお悩みの方、いらっしゃるのではないでしょうか。 キャバクラに...

②ネットや配信の女性に興味が移っている

2点目に、ネットや配信の女性に興味が移っているという理由が挙げられます。

近年では、ライブ配信アプリやYoutubeなどの動画配信媒体が非常に発展してきています。そうしたアプリは比較的利用者の年齢層が若く、若者中心に人気が集まっているのが現状です。

そうした媒体で配信する美女たちも増え、それらに興味が移ってしまってきているためにキャバクラの人気が下がりつつあるのが現状です。

時代の流れで片付けてしまうのは少し寂しいですね。

③キャバ嬢に気を使いたくない

3つ目に、キャバ嬢に気を遣いたくないという理由が挙げられます。

先ほどあげたネットや配信の場合は画面の向こうなので一方的なコミュニケーションのみですが、キャバクラの場合だと面と向かって双方のコミュニケーションが必要になりますよね。

配信の場合であれば、コミュニケーションに自信のない方でも顔出しせずにチャット機能などで気軽に話せるのですが、面と向かって話すキャバクラの場合は相手に気を遣いながら話すことを心がけなければなりません。

また、キャバクラの場合は指名や延長するしないなどにも気をつけながら楽しむ必要があります。そういった要素が、若者をキャバクラから遠ざけてしまっているのかもしれませんね。

若者にはより気軽に遊べる会員制ラウンジもおすすめ


近年では、会員制のラウンジという、キャバクラほど気を使わなくても良いスタイルの店舗も発展してきています。

会員制のラウンジでは、接客感を感じない、自然体な会話をすることができますので、話す内容に困るといったこともキャバクラの時よりもかなり減るでしょう。「会員制」と聞くと構えてしまうかもしれませんが、割とリーズナブルな値段の店舗もたくさんあります。

店舗によってはかなり高額なところもあり、気をつけないと料金が超高額に跳ね上がってしまうこともありますので、注意しておきましょう。

夜のお店はキャバクラ以外にもたくさんある


実は、夜のお店はキャバクラ以外にもたくさんあり、自分の好みに合わせて選べることをご存知ですか。

コスプレのあるお店や、露出の多いお店など、なかなか知られていませんが調べてみるとたくさん出てきます。コスプレを着させることが好きな男性には特に刺さるものがあるのではないでしょうか。

若いうちに夜の店に行くことにより、一つの社会見学経験になり、色々な女性がいることを知る機会にもなるでしょう。

これから働いていく上で、取引先のお客さんとの商談でキャバクラやクラブ、ラウンジなどを利用することがあるかもしれません。

キャバクラやクラブ、ラウンジでは基本的なルールや暗黙の了解があります。それを知らないままでいると、「この人常識を知らないんだ」と思われてしまう場合があります。

それを防ぐ意味でも、ぜひこの機会に一度夜の街に足を運んでみて、ナイトレジャーを肌で体感してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
男性が語る!男がキャバクラに行く理由と心理 本記事をご覧の皆さん、男性であれば「妻や彼女がいてもキャバクラなら問題なし」と考える男性、女性であれば「なんで私がいるのにキャバクラなんて行くの?」とお考え...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる