キャバクラには18歳から入れる!18歳未満が入店したらどうなる?

「キャバクラって大人の店っていうイメージがあるけど、実際何歳から入店可能なんだろう…」
このようにお悩みの方、いらっしゃるのではないでしょうか。

キャバクラには実際、年齢によっては入店を断られる店舗も多く、入店できたとしてもできることが限られてしまう可能性があります。

そこで本記事では、キャバクラに入店する際に必要な年齢、またその決まりを破った場合の罰則について見ていきたいと思います。

目次

キャバクラは18歳からOK!


キャバクラは基本的に18歳から入店が可能です。

以下でキャバクラに入店する際のポイントについてまとめてみました。

  • キャバクラは18歳から遊べる
  • 20歳以下は法律によりお酒は頼めない
  • 高校生は入店を断られることも多い
  • 年齢確認を実際にされること自体は少ない

まず始めに、キャバクラは18歳から遊ぶことが可能です。

風営法により、18歳未満の方がキャバクラに入店することは禁止されています。
高校生で18歳の場合、基本的に年齢の関わらず「高校生であるから」ということを理由に入店を断られることもあるので注意しておきましょう。

また、18歳~19歳の場合でも入店は可能ですが、法律により未成年の飲酒は禁止されているので、キャバクラの醍醐味であるお酒を楽しむことができないことは知っておきましょう。

18歳~19際の場合は、基本的にキャバ嬢との会話やカラオケなどを楽しむことがメインになります。

年齢制限はあるものの、年齢制限をされることは実際に少なく、年齢の詐称はできてしまいます。しかし、嘘が発覚しなんらかの理由で警察にバレた場合、自分だけでなくその店舗にも多大な迷惑がかかるため、年齢詐称は絶対にやめましょう。

キャバクラに18歳未満で入店した場合の罪


先述の通り、キャバクラに18歳未満で入店しまった場合、罪に問われるのは主に店側であり、以下のような非常に重い罰則が課せられる可能性が高いです。

  • 2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金またはこれの併科
  • 1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金またはこれの併科
  • 6ヶ月以下の懲役もしくは100万円以下の罰金または併科

「風営法」は、青少年の風俗営業または店舗への入店等に関して、非常に厳しく取り締まっています。
実際に2010年代にもキャバクラで豪遊した少年の父親が店側を訴えるなど、裁判沙汰にまで発展したケースもあります。

また、年齢を詐称することで店側にだけ罰則が課せられるわけではなく、あなたにも「詐欺罪」の罪に問われるリスクも非常に高くなります。

詐称された店舗側としては、あなたに責任の所在があるとして訴訟を起こしてくる可能性も非常に高いです。そのようなリスクを冒してまでキャバクラに通うことは絶対にやめましょう。

キャバクラのお客さんの年齢層は30代後半からが多い

基本的に、キャバクラに入店するお客さんの年齢層は30代後半からが多いです。

入店する方の職業は基本的に、中小企業の社長や経営者、商談等で利用するビジネスマンの方が多いです。キャバクラは大人の店ということもあり、基本的に値段設定は高めです。

あわせて読みたい
社長や経営者がキャバクラに通う理由とは?【実はこんな理由だった】 社長や経営者の多くはキャバクラ通いしているというイメージ、ありませんでしょうか。 実際のところ、特に中小企業の多くの社長や経営者が、キャバクラに行った経験のあ...

しかし、コスパが非常に良いキャバクラもたくさんあり、学生のように若くても入店しやすい店舗はたくさんあります。なので、年齢が若いからといって入店することを躊躇う必要もないでしょう。

学生相手であれば、キャバ嬢もあなたのことを可愛がってくれますでしょうし、周りのお客さんもさほどあなたのことは気にせずキャバ嬢と楽しくおしゃべりしています。

周りの目を気にしてキャバクラに行くのを躊躇するのは持ったないので、ぜひこの機会にキャバクラに足を運んでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
キャバクラは一人で行ってもOK!一人ならではの楽しみ方と注意点 「1人でキャバクラに挑戦してみたいけど、実際1人でいく人の割合はどんなものなんだろう...」 このように1人でキャバクラに行くか迷われている方、多いのではないでしょ...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる