キャバクラは一人で行ってもOK!一人ならではの楽しみ方と注意点

「1人でキャバクラに挑戦してみたいけど、実際1人でいく人の割合はどんなものなんだろう…」

このように1人でキャバクラに行くか迷われている方、多いのではないでしょうか。キャバクラは、お金さえ払えば誰でも美女たちと楽しくお酒を楽しむことができる、男性にとっては夢のような場所です。

本記事では、そんなキャバクラに1人で行くメリットや1人で行く人の割合、その際の注意点をご紹介していきたいと思います。

目次

キャバクラに一人で行く人の割合


結論から言いますと、キャバクラに1人で行く人の割合は約1割ほどです。こうしてみると、1人で行く方の割合が少ないのではと感じまよね。

理由として、キャバクラの主な利用目的が

  • 取引相手との接待の場
  • 上司や同僚に連れられて
  • 友人と飲み会後の二次会三次会に利用されることが多い

というものであることが大きな理由です。

複数人で来店する場合、その人数も全員「複数人で行く人の割合」としてカウントされるので、必然的に1人で行く人の割合が下がってしまうのです。

逆を返せば、実際のところ1人でキャバクラに行く人の割合は意外と多いことがわかります。

一人ならではのキャバクラの楽しみ方とメリット


では次に、キャバクラに1人で行く際の楽しみ方とメリットを話していきたいと思います。

以下、楽しみ方やメリットをまとめてみました。

  • 身近な人には話せないことを聞いてもらう
  • 費用を抑えられる
  • キャバ嬢にアピールしやすい
  • LINEが交換しやすい

以下でそれぞれ見ていきましょう。

身近な人には話せないことを聞いてもらう

まず1つめの楽しみ方として、身近な人には話しづらかったり話せなかったりすることをキャバ嬢に話すことが挙げられます。

当人の愚痴や相談事など、身近な人にこそ話しづらいことって結構ありますよね。そう言った愚痴や相談事などは、キャバ嬢に聞いてもらってスッキリさせるのも一つの手です。

キャバ嬢は様々な方の相談や愚痴を聞き慣れており、もしかするとあなたの悩み事もスッキリさせてくれるかもしれません。

周りになかなか吐き出すことができない悩み事がある場合、1人でキャバクラに行って全て吐き出してしまうのが良いかもしれませんね。

費用を抑えられる

2つめに、1人でキャバクラに行く場合、複数人でキャバクラに行く時と比べて費用を抑えられる可能性が高いというメリットがあります。

複数人でキャバクラに行く場合、飲み会後の二次会三次会や接待など、周りに合わせてプランを変更したり、延長やお酒の追加などをする必要があります。

しかし1人でキャバクラに行く場合はそのようなことはなく、自分のペースに合わせて(キャバ嬢にお酒の注文を頼まれることはありますが)注文することができます。

実際、友人や上司などと一緒に複数人でキャバクラに行く場合、深夜のテンションや友人間のノリでたくさんお酒を頼んだり何時間も延長してしまったりして、会計時に予想だにしなかった高額請求がされることもしばしばあります。

あまりお金がない場合は、周りに気を使うことのない1人での入店をお勧めします。

キャバ嬢にアピールしやすい

3つめに、1人の場合はキャバ嬢に自分の存在をアピールしやすいというメリットがあります。

複数人で入店した場合、お目当てのキャバ嬢が仲間に取られてしまい、仕方なく他のキャバ嬢に接客してもらうというのはよくある話です。

しかし1人の場合はそのようなことは一切なく、自分が指名した女の子と1対1になって、しっかりとアピールすることが可能です。

もしお目当てのキャバ嬢を指名したい場合、1人で入店することを心がけましょう。

あわせて読みたい
高級クラブのホステスの性格&好まれる男性の特徴とは? 「高級クラブの女性と付き合ってみたい...」 このようにお考えの男性、いらっしゃるのではないかと思います。 高級クラブで働いている女性(以下ホステスと呼びます)は、...
あわせて読みたい
飲み屋やキャバ嬢を落とすときのコツ4つ&抱きやすい子の特徴 「キャバクラ、飲み屋のあの女性と付き合いたい!」 このように感じたこと、あるのではないでしょうか。 キャバクラや飲み屋で働いている女性は、気さくで話しやすい方が...

LINEが交換しやすい

4つめに、お目当てのキャバ嬢とLINEを交換しやすいというメリットがあります。

複数人の場合、相手とコミュニケーションを十分に取れない可能性があり、連絡先交換まで漕ぎ着けない可能性があります。

しかし、1人の場合はあめあてのキャバ嬢と密にコミュニケーションを取ることが可能ですので、複数人の場合よりも連絡先交換の可能性が跳ね上がります。

キャバ嬢とLINEを交換したいという方は、1人でキャバクラに行くのがいいかもしれませんね。

一人キャバクラのシングルチャージに注意


1人でキャバクラに行くことのたくさんのメリットがありましたが、実は「シングルチャージ」という、1人でキャバクラに入店する際にかかってしまう料金もあります。

ずべての店舗が必ずしもシングルチャージ制を設けているわけではありませんが、もし1人でキャバクラに入店する際は「シングルチャージ料」を課しているのかどうかを事前に確認しておくことが大切です。

静かに女性と話したいなら


もし本記事をご覧の皆さんが、落ち着いた雰囲気で女性と飲みたいとお考えの場合、会員制ラウンジや高級ラウンジもおすすめです。

会員制ラウンジや高級ラウンジの場合、キャバクラよりも落ち着いた空間であることが多く、女性も落ち着いた雰囲気の方が多いです。

キャバクラと違い、女性の方たちがお客さんに話を合わせられるように日々政治や経済、ビジネスに関して勉強していることも多いので(全てのキャバ嬢が勉強をしていないというわけではありません)、そう言った話をしたい方にもぴったりです。

静かな大人の空間で女性とお酒を楽しみたい方も、キャバクラよりも会員制のラウンジや高級ラウンジに行くことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる