飲み屋やキャバ嬢を落とすときのコツ4つ&抱きやすい子の特徴

「キャバクラ、飲み屋のあの女性と付き合いたい!」
このように感じたこと、あるのではないでしょうか。

キャバクラや飲み屋で働いている女性は、気さくで話しやすい方が多く、非常に魅力的な女性もたくさんいらっしょいますよね。

しかし、そういった方遠付き合いしたくても、どのようにしてアプローチをしていけばいいかってなかなかわからないものですよね。

そこで本記事では、キャバ嬢や飲み屋の女性を落とすコツや注意点などをご紹介していきたいと思います。キャバクラや飲み屋の女性を狙って位いるという方はぜひ参考にしてみてください。

目次

キャバ嬢や飲み屋の女性を落とすコツ


キャバ嬢や飲み屋の女性を落とすコツは以下の6つです。

  • ギャップを見せる
  • 相手の理想を演じる
  • がっつかない
  • さりげなく経済力をアピールする
  • 同伴・アフターに積極的に誘う
  • 特別扱いをする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ギャップを見せる

まず始めに、ギャップを見せるというテクニックがあります。

よく「ギャップ萌え」という言葉が使われるかと思いますが、ギャップ萌えとは例えば、一見筋トレばかりしていて以下のも男らしい男性が実は大の猫好きだったり、チャラチャラしてそうに見えて、中身が実は非常に真面目で博識だったりと見た目と中身が反している場合を指します。

しかし、見た目と中身が反していたらなんでもいいというわけではありません。非常に真面目そうな方が真面目ではなかったりと、「見かけだまし」の場合は「ギャップ萌え」の要素にはなりません。

例外はあるかもしれませんが、ギャップ萌えは恋愛などにおいてもかなり使えるテクニックの一つです。

相手の理想を演じる

2つ目に、「相手の理想を演じる」というものが挙げられます。

これはどういうことか説明すると、相手の理想とする男性像に合わせ、自分がそれを演じることで相手に好意を持ってもらおうということです。相手の理想を演じるためには、まず事前のリサーチが欠かせません。

キャバクラや飲み屋の女性とあらかじめ関係を作っておいて、自然な流れで好みの男性のタイプを聞き出しておいたり、そのキャバクラのホームページのキャスト情報などをあらかじめチェックしておくことで、その女性の情報をできるだけたくさん仕入れておくようにしましょう。

そして、その仕入れた情報をもとに、自分がその理想の男性像に合わせて話の内容を意識したり、行動していくことで女性の気を引くことができるかもしれません。

がっつかない

3つ目に、「がっつかない」という点が挙げられます。

「追うよりも追われたい」という女性がたくさんいるのも事実です。事実、私の周りにも「パートナーにはずっと追われていたい」と感じている女性も少なくありません。

しかし、それがキャバクラや飲み屋の女性となってくると話は変わってくる場合が多いです。

というのも、キャバクラや飲み屋の女性は目が肥えている方が多く、営業トークとしてお客さんの気を引いているだけである場合も多く、「男性からのアプローチ」に対してこちらが思った以上に嫌悪感を感じることも多いからです。

嫌悪感を感じさせないためには、こちらの情報を小出しにしたり、好意丸出しで接するのではなくチラつかせることで、相手の女性側の気を引くことが大切です。

露骨に好きアピールをしてしあうと相手の思うツボなので注意しましょう。

さりげなく経済力をアピールする

4つ目に、さりげなく経済力をアピールするという方法があげられます。

キャバクラや飲み屋の女性は歩合制の給料体系が敷かれている場合が多いです。それゆえに、人気のキャストやホステスの場合は特にかなりお金を稼いでいる場合が多いでしょう。

なので、それと同等、それ以上のお金を稼いでいるということを暗にアピールしていくことが大切です。

例えば、月に一回旅行に行くのであれば、話の中でさらっと自慢しても良いですし、高価な時計をつけるのでもいいかもしれません。
また、クラブなどであればビジネスの話などで相手の女性に「この人はビジネスで成功している」というイメージを植え付けて行くことが大切です。

全身ブランドなど、あまり露骨に経済力をアピールするとかえって逆効果のことも多いですので、あくまで「さりげなく」ということを頭に入れておきましょう。

同伴・アフターに積極的に誘う

5つ目に、「同伴・アフター」というシステムを積極的に利用していくことが挙げられます。

同伴とは、キャバクラの開店前に、お酒が入る前のやりとりを楽しくことが可能です。アフターとは、キャバクラの店舗閉店後やそのキャストの女性のシフトが終わったタイミングで、その女性と好きなように遊ぶことができるものです。

キャバクラによっては、女性の安全を守るためにアフターを推奨していない店舗もあるようですが、そのような決まりがない場合にはかなりのチャンスであると言えます。

特にアフターは双方すでにお酒が入っている場合が多く、そのお酒の勢いを利用してコミュニケーションを取ることができます。

普段奥手でなかなか女性にアプローチがいけないという方は、同伴やアフターを利用してコミュニケーションを図るのも良いのではないでしょうか。

特別扱いをする

最後に、「特別扱いをする」という方法があります。

普通の恋愛テクニックのようですが、これはキャバクラで働いていようがいまいが関係なく使える、非常に有用な恋愛テクニックです。具体的には、

  • 来店時には必ず指名する
  • 高いお酒を奢ってあげる
  • お気に入りであることを伝える

などの方法があります。

特別扱いをされることで、女性側は少なからずあなたのことを意識します。

そして、こちらに意識が向いたら上記で紹介したことを生かしながら、ゆっくり、着実にあなたのことを意識させていくことで、キャバクラや飲み屋の女性も落とせることでしょう。

キャバ嬢一人ひとりに合わせることが大事

上記で様々なテクニックをご紹介してきましたが、一番大事なのは相手のキャバ嬢一人一人に合わせることが大切です。

キャバ嬢といえば「水商売」に当てはまりますが、水商売をしている女性は何らかの背景を抱えている場合が多いです。

なので、その背景を理解した上で、お金で困っているのであればたくさん指名してノルマをクリアする手伝いをしてあげたり、時間を合わせてあげたりなど相手の立場に立ってこちらの行動を変えていくことが大切です。

あわせて読みたい
高級クラブのホステスの性格&好まれる男性の特徴とは? 「高級クラブの女性と付き合ってみたい...」 このようにお考えの男性、いらっしゃるのではないかと思います。 高級クラブで働いている女性(以下ホステスと呼びます)は、...

抱くためだけに速攻で女の子を落としたいなら

もしキャバクラや飲み屋の女性をすぐに抱くことだけを考えているなら、

  • 落ちやすそうな子を選んで仕掛ける(ガードのゆるい子、お金しか見ていない子、メンヘラぽい子など)方法が手っ取り早いこと
  • 業界未経験(もしくは経験が浅い)新人キャバ嬢を狙う

といったことを意識してみましょう。

ただ、むやみやたらに手を出してしまうと、相手のキャバクラの上の人が出てきてトラブルになる…ということもありますので、あまりお勧めはできません。

もし抱くことが目的なら、性サービス系のお店に行った方が最終的に安く済む場合が多いことをあらかじめ頭に入れておきましょう。

手強いキャバ嬢は時間をかけて落とすのが大事

キャバ嬢や飲み屋での勤務経験が豊富な女性は、これまでにたくさんの男性を見てきている分、目が肥えている場合が多いです。

なので、こちらから畳み掛けるようなことはせず、少しずつ信頼関係を築いていくことが大切です。焦って畳み掛けてしまうと、相手の女性側が引いたりあなたに対して魅力を感じなくなってしまいますので、焦りは禁物です。

相手の普通の女性です。普段の恋愛と同じ要領で、少しずつ、着実にアプローチしていくことで、お目当ての女性とお付き合いできる可能性が上がるでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる