0

カエルナカムラ

井戸の蛙とそしらばそしれ 花も散りこむ月も見る

Brand Concept

人より少しだけ着物を着る私が欲しいもの。

普段に着物を着るとき、こんなのがあったらいいなぁ、と思うことがあります。
着物は現在日常着ではないので、お出かけ着感覚のものが多くなります。
けれども、普段に着物を着たいと思っても、お出かけが毎日できるわけではない。
普段なら、スーパーとか銀行くらい。

クラシカルな形をした、昔ながらの割烹着や水屋着もいいけれど、良いところを取り入れて、もう少し今、きやすい着物が欲しいな、と思います。

ブランドメンバー

着物を着たいなぁ、と思って生きてきました。
シンデレラよりも、かぐや姫とか虫愛づる姫とか鉢かつぎ姫とか読んでる子供でした。
ずっと、ずっと、何故だかそうやって生きてきて、4年位前の夏、休みの日はオール浴衣で過ごしてみました。
やれば出来るなぁ、コレはって思いました。
夏の浴衣は着物着るのに最適です。
土日でどっかしら浴衣着るイベントあるし、意外とどこでも行けます。

さらに大人になって、好きなときに着物を着れるようになったので、着物を着たくなったら着ています。

ブランドをはじめたきっかけ

着物を着たいように着たい。
そう思うとき、着物を着る人間にとって、思い通りのものを探すのは本当に難しい。
そもそも、選択肢が洋服とは比べ物にならないくらいありません。
私が欲しいものを自分で作って売れば、着物を着る人の選択肢が、わずかでも増えます。

そうすることで、着物の選択肢がどんどん増えていきますように。

どんな風に着てもらいたいか

どのようにでも。

着物はフリーダムなので、自由に、自由に、自由に、きていただきたいと思っています。

作っている人間のことなど考えず、着て欲しいです。

着物カーディガン

¥16,524 (税抜 ¥15,300) 送料無料

商品の詳細を見る
前が閉じているところ。
袂がある程度すっきりしているところ。
でも、外に着ていっても大丈夫なこと。

ホールガーメントではありません。
勘違いしておりました。恥ずかしい!

最後にカエルナカムラからみなさまへ

きもの、着ましょう。

カエルナカムラのコンセプトが面白いと感じたら、
応援ボタンを押してブランドを応援しましょう!!

ブランドヒストリー

2015.06.01

浴衣を着物っぽく着る方法

浴衣そのものについて
紅梅や縮みなどの変わり織りがベター、セオαもお勧め。(私は豆千代のセオα五月頭の立夏あたりから着てます)
綿コーマは向かないものが多い。
ただし、大正末昭和初期のように着こなすのならばあり。
柄行は絵羽っぽいほうが良い。

具体的な着こなし
1、半衿をつける。
 ――半衿付きスリップや半襦袢などがあります。
   伊達締めも、もう一本忘れずに!
2、足袋を履く。
 ――レース足袋などがさわやか!

合計大体五千円ぐらいで準備できます。
これで半衿と足袋で5月中旬から9月まで、『きもの』っぽく着られます。
だからこそ、へんな言い方ですが、ホテルとかいいところには着ていけない。
浴衣は本来浴衣として着るべきもので、着物風に着るのは逆に「くずし」です。

更に、筒袖の半襦袢は部屋着レベル、とおっしゃる方もいらっしゃいますが浴衣に合わせるくらいならちょうどいいかと思います。
五月中旬くらいなら、かしこまらないデートや遊び着として、浴衣を浴衣として着るよりこちらのほうが汎用性があります。

もっと、ちゃんと着たければ、5-9きもの、といって五月から九月までちゃんと着れるように計算されている着物も売っています。
でもまずは、お気に入りの一枚を着物っぽく着てみてください!

更に詳しくはこちら――
http://frogwell.blog.fc2.com/blog-entry-12.html